ASAP2 Lib - ASAP2ファイル読込みおよび書込みのための関数ライブラリー

ASAP2ファイル読込みおよび書込みのための関数ライブラリー

ASAP2 Libの概要

ASAP2 Libは、ユーザーアプリケーション用の標準化されたASAP2形式のECU記述ファイルを読み込む/書き込むために使用できる、高機能で使いやすい関数ライブラリーです。

現在のバージョン1.70を含め、ASAMからリリースされているASAP2規格の全バージョンの読込がサポートされており、ASAP2仕様の固定部分とASAP2メタ言語で定義されている可変部分の両方を読み込むことができます。

このライブラリーには手軽に使えるCインターフェイスが用意されているため、ASAP2ファイルの記述データに簡単にアクセスできます。

ASAP2 Lib Figure

バージョン4.0の主な特長

  • ASAP2の新しいバージョン、1.70に対応
  • ライブラリー呼出がスレッドセーフ
  • ASAP2オブジェクトに対する書込みメソッド

機能

  • コールバックメソッドを使用することにより、関連するサブオブジェクトを読込可能
  • インターフェイスはシンプルな構造レイアウトであるため、用意されている機能をすぐ把握でき、直感的に利用できる
  • ソースコード付きのサンプルプロジェクトにより、ASAP2形式の詳しい知識がなくても、ライブラリーの操作方法を素早く習得できる
  • エラーの許容範囲の設定が幅広く可能であるため、構文に不備のあるASAP2ファイルも読み込むことが可能

このツールの特長

  • ASAP2ファイルの読込と生成に利用できる使いやすい関数ライブラリー
  • すべてのASAP2形式にバージョンを問わずにアクセス可能
  • メモリーを最適化しながら複数のASAP2ファイルを素早く読込
  • IF_DATAに簡単にアクセス可能
  • 実績あるテスト済みの標準コンポーネントが、トレーニング、開発、テスト、保守のコストと手間を削減
このページはお役に立ちましたか?
E-Mail:

コメント