ベクターは、ウェブサイトの最適なユーザビリティを保証するためにCookieを使用しています。本ウェブサイトを利用する場合、お客様には弊社がCookieを利用することについて同意していただきます。 詳細は、弊社のプライバシーポリシーにも記載されています。. Cookieを受け入れる
このウェブサイトのブラウザでクッキーを許可してください。

Vector AUTOSAR Adaptive Days 2018

Vector AUTOSAR Adaptive Days

自動車開発業界のトレンドである「AUTOSAR Adaptive」がテーマのイベントです

イベント概要

ベクターはこのたび、初めての開催となる「Vector AUTOSAR Adaptive Days」を開催します。

本イベントでは、自動車開発業界のトレンドであるAUTOSAR Adaptiveをテーマに講演いたします。 注目講演としてはベクターのドイツ本社による「AUTOSAR Adaptive 欧州の最新動向」や「AUTOSAR AdaptiveデモおよびAdaptive MICROSARの開発ロードマップ」などがあります。

また、最初のプログラムでは「AUTOSAR Adaptiveの概要」と題した講演をいたしますので、これから AUTOSAR Adaptiveについて知見を深めていきたいという方におすすめです。是非この機会にご参加くださいませ。

Vector AUTOSAR Adaptive Days

- 東京 -
2018年6月19日(火) 13:00~16:45 (12:30受付開始)
会場:ステーションコンファレンス東京

- 名古屋 -
2018年6月21日(木) 13:00~16:45 (12:30受付開始)
会場:JPタワー名古屋 ホール&カンファレンス

参加費用:無料
定員:各会場80名
お申し込み期限:2018年6月12日(火)

参加申し込み受付は終了いたしました。お申し込みありがとうございました。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

東京会場:
  • ステーションコンファレンス東京
    〒100-0005
    東京都千代田区丸の内1-7-12
    サピアタワー6F
    アクセス - 東京会場
名古屋会場:
  • JPタワー名古屋
    ホール&カンファレンス
    〒450-6303
    愛知県名古屋市中村区名駅1-1-1
    KITTE名古屋 3F
    アクセス - 名古屋会場
お問い合わせ:
  • ベクター・ジャパン株式会社
    マーケティング・コミュニケーション部
    Tel: 03-4586-1806(部門代表)
    E-mail: event@jp.vector.com

ベクターはこのたび、初めての開催となる「Vector AUTOSAR Adaptive Days」を開催します。

本イベントでは、自動車開発業界のトレンドであるAUTOSAR Adaptiveをテーマに講演いたします。 注目講演としてはベクターのドイツ本社による「AUTOSAR Adaptive 欧州の最新動向」や「AUTOSAR AdaptiveデモおよびAdaptive MICROSARの開発ロードマップ」などがあります。

また、最初のプログラムでは「AUTOSAR Adaptiveの概要」と題した講演をいたしますので、これから AUTOSAR Adaptiveについて知見を深めていきたいという方におすすめです。是非この機会にご参加くださいませ。

Vector AUTOSAR Adaptive Days

- 東京 -
2018年6月19日(火) 13:00~16:45 (12:30受付開始)
会場:ステーションコンファレンス東京

- 名古屋 -
2018年6月21日(木) 13:00~16:45 (12:30受付開始)
会場:JPタワー名古屋 ホール&カンファレンス

参加費用:無料
定員:各会場80名
お申し込み期限:2018年6月12日(火)

参加申し込み受付は終了いたしました。お申し込みありがとうございました。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

東京会場:
  • ステーションコンファレンス東京
    〒100-0005
    東京都千代田区丸の内1-7-12
    サピアタワー6F
    アクセス - 東京会場
名古屋会場:
  • JPタワー名古屋
    ホール&カンファレンス
    〒450-6303
    愛知県名古屋市中村区名駅1-1-1
    KITTE名古屋 3F
    アクセス - 名古屋会場
お問い合わせ:
  • ベクター・ジャパン株式会社
    マーケティング・コミュニケーション部
    Tel: 03-4586-1806(部門代表)
    E-mail: event@jp.vector.com
講演プログラム

※講演者、講演内容は今後変更になる可能性がありますことをご了承ください。

開会挨拶(13:00~13:10)
13:10~13:45
AUTOSAR Adaptive(AP)概要

自動車ソフトウェアの標準基盤AUTOSAR。いまや世界中で採用されているClassic Platform(CP)に続き、Adaptive Platform(AP)がそのラインアップに加わりました。本講演では、AUTOSARそのものについても振り返りつつ、Adaptiveの狙いやClassicとの違い等「Adaptive Platform(AP)とは何か?」について解説いたします。

ベクター・ジャパン株式会社 トレーニング部
中村 伸彦
13:50~14:25
AUTOSAR Adaptive欧州の最新動向 ※英語講演

AUTOSAR adaptiveが発行され1年が経過し、認知度も上がってきております。しかし、言葉は分かるが実際にどのようなものなのか良くわからないというお声も少なくありません。 本講演では、AUTOSAR Adaptiveの最新の動向を交えながら、弊社のAUTOSAR Adaptiveのソリューションを紹介いたします。 また、AUTOSAR Adaptiveでの機能安全について、SYSGO社との取り組みを紹介いたします。

Vector Informatik GmbH
Dr. Markus Oertel
14:30~15:05
AUTOSAR AdaptiveデモおよびAdaptive MICROSARの開発ロードマップ

Adaptive MICROSARを使用した緊急ブレーキ用ECUの実機デモを通じて、AUTOSAR adaptiveをどのように使用するのか紹介いたします。 その後、Adaptive MICROSARの開発ロードマップを紹介いたします。

ベクター・ジャパン株式会社 組込ソフト部
木村 篤仁
コーヒーブレイク(15:05~15:20)
15:20~15:55
"CANoe - Communication Concept" AUTOSAR AdaptiveやSoAに対応した新しい通信コンセプト

CANoe最新バージョン11.0からAUTOSAR AdaptiveやSoAに対応する新しい通信コンセプト"Communication Concept"を導入しました。これにより、AUTOSAR Adaptiveで求められているようなダイナミックなトポロジーやデータベースにより柔軟に対応できます。本講演ではその概要紹介およびデモを通じて、AUTOSAR AdaptiveやSoAに向けた新しいシミュレーション/テスト方法を提案いたします。

ベクター・ジャパン株式会社 開発ツール部 マネージャー
丹野 清嗣
16:00~16:35
The role of sensor data fusion for driving automation systems ※英語講演

Driving automation systems are one of the key challenges in the automotive industry. To facilitate automated driving, the vehicle needs to perceive its environment based on numerous, heterogeneous sensors. The combination of all relevant sensor data into a unified representation of the vehicle’s environment is called sensor data fusion. This presentation will introduce challenges, algorithms and trends of data fusion with a special focus on safety requirements. Furthermore, the future relationship between data fusion and the AUTOSAR architecture will be discussed. The objective is to show how a configurable data fusion software integrated into AUTOSAR can make the development of automated driving systems significantly more efficient.

BASELABS GmbH CEO / Co-Founder
Robin Schubert
閉会挨拶(16:35~16:40)

※講演者、講演内容は今後変更になる可能性がありますことをご了承ください。

開会挨拶(13:00~13:10)
13:10~13:45
AUTOSAR Adaptive(AP)概要

自動車ソフトウェアの標準基盤AUTOSAR。いまや世界中で採用されているClassic Platform(CP)に続き、Adaptive Platform(AP)がそのラインアップに加わりました。本講演では、AUTOSARそのものについても振り返りつつ、Adaptiveの狙いやClassicとの違い等「Adaptive Platform(AP)とは何か?」について解説いたします。

ベクター・ジャパン株式会社 トレーニング部
中村 伸彦
13:50~14:25
AUTOSAR Adaptive欧州の最新動向 ※英語講演

AUTOSAR adaptiveが発行され1年が経過し、認知度も上がってきております。しかし、言葉は分かるが実際にどのようなものなのか良くわからないというお声も少なくありません。 本講演では、AUTOSAR Adaptiveの最新の動向を交えながら、弊社のAUTOSAR Adaptiveのソリューションを紹介いたします。 また、AUTOSAR Adaptiveでの機能安全について、SYSGO社との取り組みを紹介いたします。

Vector Informatik GmbH
Dr. Markus Oertel
14:30~15:05
AUTOSAR AdaptiveデモおよびAdaptive MICROSARの開発ロードマップ

Adaptive MICROSARを使用した緊急ブレーキ用ECUの実機デモを通じて、AUTOSAR adaptiveをどのように使用するのか紹介いたします。 その後、Adaptive MICROSARの開発ロードマップを紹介いたします。

ベクター・ジャパン株式会社 組込ソフト部
木村 篤仁
コーヒーブレイク(15:05~15:20)
15:20~15:55
"CANoe - Communication Concept" AUTOSAR AdaptiveやSoAに対応した新しい通信コンセプト

CANoe最新バージョン11.0からAUTOSAR AdaptiveやSoAに対応する新しい通信コンセプト"Communication Concept"を導入しました。これにより、AUTOSAR Adaptiveで求められているようなダイナミックなトポロジーやデータベースにより柔軟に対応できます。本講演ではその概要紹介およびデモを通じて、AUTOSAR AdaptiveやSoAに向けた新しいシミュレーション/テスト方法を提案いたします。

ベクター・ジャパン株式会社 開発ツール部 マネージャー
丹野 清嗣
16:00~16:35
The role of sensor data fusion for driving automation systems ※英語講演

Driving automation systems are one of the key challenges in the automotive industry. To facilitate automated driving, the vehicle needs to perceive its environment based on numerous, heterogeneous sensors. The combination of all relevant sensor data into a unified representation of the vehicle’s environment is called sensor data fusion. This presentation will introduce challenges, algorithms and trends of data fusion with a special focus on safety requirements. Furthermore, the future relationship between data fusion and the AUTOSAR architecture will be discussed. The objective is to show how a configurable data fusion software integrated into AUTOSAR can make the development of automated driving systems significantly more efficient.

BASELABS GmbH CEO / Co-Founder
Robin Schubert
閉会挨拶(16:35~16:40)


▼ご参加される会場をご選択ください


参加会場


▼お客様情報をご入力ください


名前(姓と名の間にスペースをご入力ください)*

なまえ(ふりがな)*

団体(前株、後株、その他選択)*
会社名*
部署名*
役職名
職種*
郵便番号(例:140-0002)*
都道府県*

住所1(例:品川区東品川2-3-12)*

住所2(例:シーフォートスクエア センタービル 11-13F)
電話番号*

Eメール*

このイベントを何でお知りになりましたか?*


 
アクセス - 東京会場

ステーションコンファレンス東京
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー6F

  • JR東京駅日本橋口直結
    - 新幹線日本橋口改札徒歩1分
    - 八重洲北口改札徒歩2分
  • 東京メトロ東西線大手町駅B7出口直結

お問い合わせ:
  • ベクター・ジャパン株式会社
    マーケティング・コミュニケーション部
    Tel: 03-4586-1806(部門代表)
    E-mail: event@jp.vector.com

ステーションコンファレンス東京
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー6F

  • JR東京駅日本橋口直結
    - 新幹線日本橋口改札徒歩1分
    - 八重洲北口改札徒歩2分
  • 東京メトロ東西線大手町駅B7出口直結

お問い合わせ:
  • ベクター・ジャパン株式会社
    マーケティング・コミュニケーション部
    Tel: 03-4586-1806(部門代表)
    E-mail: event@jp.vector.com
アクセス - 名古屋会場

JPタワー名古屋 ホール&カンファレンス
〒450-6303 愛知県名古屋市中村区名駅1-1-1 KITTE名古屋 3F

  • JR名古屋駅徒歩約1分
  • 地下鉄東山線・桜通線名古屋駅徒歩約1分

お問い合わせ:
  • ベクター・ジャパン株式会社
    マーケティング・コミュニケーション部
    Tel: 03-4586-1806(部門代表)
    E-mail: event@jp.vector.com

JPタワー名古屋 ホール&カンファレンス
〒450-6303 愛知県名古屋市中村区名駅1-1-1 KITTE名古屋 3F

  • JR名古屋駅徒歩約1分
  • 地下鉄東山線・桜通線名古屋駅徒歩約1分

お問い合わせ:
  • ベクター・ジャパン株式会社
    マーケティング・コミュニケーション部
    Tel: 03-4586-1806(部門代表)
    E-mail: event@jp.vector.com