診断

実験室、車両での詳細なECU診断

診断テストは、ECUの診断機能の開発時に、極めて重要な役割を果たします。CANape、Indigo、CANoeでは、診断プロトコルを介してアクセスできるすべてのデータと機能にシンボルでアクセスできます。アクセスするための情報は、診断仕様が記述されたデータベースファイルで提供されます。
診断およびフラッシュのための記述ファイル>>

測定/キャリブレーションと診断の関係

CANapeでは、測定およびキャリブレーションの制御は、シグナルとパラメーターのシンボルを選択することによって設定できます。使用されている測定、キャリブレーションの各プロトコルは、ユーザーに存在を意識されることがありません。ベクターは、この概念をCANapeの診断プロトコルに完全に適用しています。つまり、測定シグナルと同様に、診断機能の出力パラメーターを取得し、関連する表示Windowにリアルタイムにに表示することができます。キャリブレーションパラメーターと同様に、診断機能の入力パラメーターは、キャリブレーションWindowに挿入し、変更できます。パラメーターの変更時に、関連する診断機能は、ECUで実行されます。

診断テストのサポート

以下のツールを使用して、実験室や車両での信頼性の高いECU診断が容易に行えます。

CANapeでは、統合された診断機能セットを使用して、診断データおよび診断サービスにシンボルでアクセスでき、総合的な診断テスターの機能を使用可能 CANape
だれでも簡単に使える診断テスター。通信に必要な設定はすべて自動で行われるため、面倒な通信プロトコルに悩まされることなく使用可能 Indigo
CANoeによるCANおよびIP経由での診断 CANoe
このページはお役に立ちましたか?
E-Mail:

コメント