CANalyzer.Car2x - 無線LAN (802.11p) を使用する組込システム用解析ツール

解析ツール CANalyzer.Car2x

無線LAN (802.11p) を使用する組込システム用解析ツール

車両間または車両とインフラ間の通信は無線LAN経由で行われます。CANalyzer.Car2xは、IEEE 802.11p準拠の無線LANチャンネル (pWLAN) をCANalyzerに追加します。これにより、Car2x固有のアプリケーションプロトコルと、これらのプロトコルに乗せたアプリケーションメッセージの両方を直接解析できます。Car2xの場合、CAM (Cooperative Awareness Message) とDENM (Decentralized Environmental Notification Message) になります。Car2x専用の地図Windowに加えて、トレースWindowやデータWindow、グラフィックWindowといったCANoeの一般的な解析機能が利用できます。

製品の概要

  • 802.11pに準拠した無線LANパケットを直接無線機から取得し、通信を解析し、ヘッダーやシグナルを表示
  • GeoNetworkingやBTPなどのCar2x固有の通信プロトコルを解釈
  • WLAN Packet Builderによる、エラーを含むパケットなどさまざまな無線LANパケットの作成と送信
  • 車両や路側機などのオブジェクトの位置を地図上に表示、他のウィンドウと同期した解析が可能
  • 試験車両の既存の無線LANモジュールを、車両のCar2xアプリケーションのECUとCANalyzer.Car2x測定用インターフェイスとして共有可能
  • 測定時刻としてWLANモジュールから取得したGPS時刻を利用可能
  • 無線LANとCANなどの複数のバスに対応した車載ネットワーク間の測定と解析機能

CANalyzer.Car2x visualizes communication between ITS Vehicle and ITS Roadside Stations. The Trace Window shows the WLAN RF frames.

このページはお役に立ちましたか?
E-Mail:

コメント