Figure IP / Ethernet

解析ツール CANalyzer.Ethernet

Ethernetを使用する組込システム用解析ツール

リアルタイムEthernetシステムでは、一般的にネットワーク解析ツールを接続することにより発生する外乱に影響を受けます。CANalyzer.Ethernetは、CANalyzer従来の機能をEthernetシステム開発のために拡張します。まず、Ethernetインターフェイスを独占的に割り当てることで、Windowsと他のアプリケーションから独立させ、リアルタイムEthernetシステムへの影響を抑えるようにしています。CANalyzer.Ethernetでは、CANメッセージを無線LANまたはEthernet経由で透過的に送信できます (リモートCAN解析)。この機能を利用するには、別途CAN- (無線) LANゲートウェイが必要です。

機能概要

組込Ethernet

  • Ethernetパケット内のシグナルデータをデータWindowおよびグラフィックWindowに表示
  • Ethernet Packet Builderによる任意のEthernetパケットの送信
  • 異なるネットワーク間に配置されるゲートウェイの通信を解析
  • リアルタイムシステムの開発および解析に有効な、Windowsまたは他のアプリケーションの通信を切り離し、ネットワークインターフェイスを占有する機能 (これにより、リアルタイムシステムの開発に不要なパケットを排除)

リモートCAN解析

  • ケーブル接続が困難な環境で、無線通信を利用しての解析
  • リモートCANバス側のオリジナル タイムスタンプで解析
  • 複数車両のCAN通信の同時解析
  • 無線LANまたは有線LANによるCANリモート監視


CANalyzer.IP configuration for displaying signals. The Ethernet protocol and signal decoding are analyzed in the Trace Window. Filter for reducing the number of packets.

このページはお役に立ちましたか?
E-Mail:

コメント