CANalyzer.LIN

LINおよびJ2602の開発、測定、解析ツール

主な特長

  • 新規CANalyzerオプションSCOPEによりLIN波形の表示をサポート
  • LIN統計モニターにより、有用なネットワークおよびノード統計を表示
  • ODXまたはCANdelaファイルに基づくLIN診断解釈機能の提供

CANalyzer.LINでは、LINネットワークをLIN1.x、LIN2.x、SAE-J2602 (US-LIN)、Cooling-Busの仕様に従って測定と解析を行う機能を備えています。

解析機能
CANalyzer.LINには、高度なLINネットワーク解析機能があります。

  • LDFベースのネットワーク解析
  • LIN2.0、LIN2.1およびLIN2.2設定コマンドの解釈
  • ODX/CANdelaファイルに基づく診断解釈
  • 詳細なエラーおよびイベントの検出
  • シグナルを数値またはグラフィックで表示
  • ユーザーにて設定可能な表示用パネル
  • LINネットワークマネージメントWindow
  • LIN統計モニターによるネットワークおよびノード統計
  • ログ、リプレイ、フィルター、トリガー各種ブロック

ノードシミュレーション
LDFを用いてマスターまたはスレーブノードを容易にシミュレートできます。マスターのスケジューラーは、LINインタラクティブマスターブロックを使用するか、CAPL言語でプログラミングすることにより制御可能です。

LIN用トレースWindow
LIN用のトレースWindowは、LINのフレーム、エラー、イベントを表示するだけでなく、関連するすべてのLINタイミング情報も表示します。

このページはお役に立ちましたか?
E-Mail:

コメント