CANape - ECUの測定、キャリブレーション、診断、フラッシング

CANapeの概要

CANapeの主な応用分野は、電子制御装置のパラメーターの最適化 (キャリブレーション) です。測定プロセス中に、シグナルのキャリブレーションと記録を同時に行うことができます。CANapeとECUの間の通信は、測定/キャリブレーションハードウェアであるVX1000を用い、XCPなどのプロトコルや、マイクロコントローラー固有のインターフェイスを介して行われます。
CANapeでは診断アクセスやバス解析のほか、アナログ測定テクノロジーの統合が可能です。キャリブレーションデータの管理、そしてレポート作成も含めた測定データ評価を簡単に実行できるCANapeは、ECUキャリブレーションのためのトータルなツールとなっています。

CANape 15.0の新機能

  • 1GB/秒を超える測定データレート
  • チームでのパラメーター処理
  • リボンを利用した現代的なオペレーション
  • グラフィカルな設定機能
  • ADAS用Occupancy Grid

主な特長

  • 規格に基づくオープンで柔軟なプラットフォーム
  • 測定データを多くのさまざまなソースから時間同期して取得可能
  • パラメーターのキャリブレーションと管理に有用
  • 高速なデータ転送速度を実現するハードウェアインターフェイス
  • 高サンプリングレートのアナログ測定装置を容易に統合可能
  • Simulink/Stateflowモデルを簡単に可視化