CANbedded

自動車メーカー固有の各仕様に対応したCAN通信用組込ソフトウェアコンポーネント

ベクターは15年以上に渡りCANbeddedソフトウェアコンポーネントを提供しており、世界中のほぼすべての自動車メーカーが利用しています。現在CANbeddedソフトウェアコンポーネントをまったく利用せずにCANネットワークを装備する車両はほとんどなく、CANbeddedは信頼性の高いECUの通信基盤として利用されています。

Layer model of CANbedded

車載分散アプリケーション間でスムーズにデータ交換を行う為には、すべてのECUに同じ標準のソフトウェアコンポーネントを使用することが推奨されます。CANbeddedに含まれるソフトウェアコンポーネントは、機能の組合せにより多様なECU要件を最適にサポートすることができます。厳密な機能は自動車メーカーの規定によりますが、通常はISO、OSEK、ASAM規格に等の標準規格に基づいた機能を提供します。

CANbeddedに含まれるCANドライバーは、各種のMPU (マイクロプロセッサユニット、8~64ビットコントローラー) で使用できるため、MPUに合わせて最適されたCAN通信スタックが提供されます。

CANbeddedは、GENy (PCツール) とCANデータベースファイル (DBCファイル) を使用して各種機能設定を行う事で、お客様のアプリケーションの要求仕様に適合させることができます。

共通インターフェイスを使用したソフトウェアの再利用化

共通インターフェイスを使用すると、ECUソフトウェアを他のハードウェアプラットフォームや異なる自動車メーカーの仕様へ短時間で移植できます。これにより、開発コストとテストコストが削減されます。

自動車メーカー固有のCAN用ソフトウェアコンポーネント Product information CANbedded
CANbeddedは各種コントローラーおよびコンパイラーで利用できます PDF-Symbol サポートされるコントローラーとコンパイラー
SAE J1939に対する機能拡張 Symbol E-Katalog CANbedded.J1939
診断通信に対する機能拡張 CANdesc
測定およびキャリブレーション通信 (XCP) に対する機能拡張 Product information XCP Professional
CAN-CANゲートウェイまたはCAN-LINゲートウェイに対する機能拡張 (シグナルルーティング、メッセージルーティング、トランスポートプロトコルルーティング) CANbedded Gateway
LIN通信に対する機能拡張 CANbedded LIN


自動車メーカー固有のCANbeddedソリューションの代わりにAUTOSARベーシックソフトウェアを使用することもできます。ベクターは、お客様のご希望の用途に最適なソリューションの選択を支援いたします。

このページはお役に立ちましたか?
E-Mail:

コメント