CAN用DBC通信データベース

分散システム用基幹ツール

CANベースの分散ECUネットワークを開発する際に主要なコンポーネントは、DBCファイル形式の通信記述です。

DBCデータベースには、CANネットワーク、バスに接続されたECU、CANメッセージ、シグナルの特性が記述されています。

CANdb++ Editorは、DBCデータベースに記述される情報をグラフィカルに表示したり、データを容易に変更するためのオプションを提供します。

CANdb++ Editorには、開発プロセスのさまざまなフェーズにおける開発を支援するため、以下の機能が用意されています。

  • DBCファイルの作成
  • 既存のDBCデータベースへのメッセージとシグナルの追加
  • 送受信関係の定義
  • CANoeにおけるシミュレーションのための環境変数の定義
  • テスト用の特別なメッセージの追加
  • ECUをキャリブレーションするためのメッセージの追加

DBC形式は、CAN通信データを記述するための準標準であり、すべてのベクターツールで採用しています。

CANdb++ Editorは、多くのベクターCANツールにて提供されています。

このページはお役に立ちましたか?
E-Mail:

コメント