さまざまなプロセスで有効活用できる形式の診断仕様書を作成するためのツール

CANdelaStudioで有効活用できる形式の診断仕様書を作成

CANdelaStudioとは

CANdelaStudioは、CANdela 製品ファミリーの中核となる製品で診断通信仕様書を作成するためのツールです。CANdelaStudioを使用して、容易に診断機能と診断データの定義を行うことができます。作成した仕様書はXML形式のデータベースです。

CANStudioで作成した診断仕様書は、以下のプロセスステップで利用できます。

  • 診断ソフトウェアの実装
  • 診断ソフトウェアの自動コンフォーマンステスト
  • 開発、製造、サービスの現場での各種診断テスターへの診断仕様提供
  • 製造、サービスの現場で使用する各種診断テスターのテストシーケンスのための診断データ作成

バージョン10.0の新機能

  • AUTOSARワークフロー
  • 新しい操作コンセプト
  • UDSテンプレート

機能概要

  • 診断の記述が容易
  • データの再使用が可能
  • 短期間でマスターできる簡単な操作
  • 多様な交換形式、プロトコル規格/ネットワーク

機能

CANdelaStudio では、ドキュメントテンプレートを使用することで、1 つのツールで各自動車メーカー固有の仕様に対応できます。ドキュメントテンプレートは、自動車メーカー固有の診断通信仕様に相当します。ドキュメントテンプレートには、基本的な診断サービスと、各ECU に実装しなければならない診断サービスが形式的に記述されています。ドキュメントテンプレートは、多数の自動車メーカーによって提供されています。

データ交換およびレポート

  • ODX 2.2、2.0.1形式のファイルからのインポート、ODX 2.2、2.1、2.0.1形式のファイルへのエクスポート
  • CANdb、FIBEXおよびARXMLデータのインポート
このページはお役に立ちましたか?
E-Mail:

コメント