Figure IP / Ethernet

開発&テストツール CANoe.Ethernet

Ethernetを持つ組込システムのための開発、シミュレーションおよび検証ツール

組込システムにおいて、Ethernetベースのネットワークとその上位層のプロトコルの重要性が増え続けています。オフィス環境でのITネットワークとは異なり、組込システムにおいては周期的なデータの送信が重要視されます。さらに、リアルタイムEthernetシステムは、ネットワーク解析ツールの接続によって発生する外乱に対して、一般的に影響を受けやすいものです。CANoe.Ethernetは、CANoe従来の機能をEthernetシステム開発のために拡張します。まず、Ethernetインターフェイスを独占的に割り当てることで、Windowsと他のアプリケーションから独立させ、リアルタイムEthernetシステムへの影響を抑えます。
CANoe.Ethernetでは、CANメッセージを無線LANおよび/またはEthernet経由で透過的に送信できます (リモートCAN解析)。この機能を利用するには、別途CAN- (無線) LANゲートウェイが必要です。

機能概要

組込Ethernet

  • Ethernetパケット内のシグナルデータをデータWindowおよびグラフィックWindowに表示
  • CAPLプログラムのEthernetパケット受信イベントで、パケットとパケット内のシグナルの処理
  • パネル機能によるシグナル値の表示と変更
  • Ethernet Packet Builderによる任意のEthernetパケットの送信
  • Ethernet専用のインタラクティブジェネレーターブロックによるパケットの周期送信
  • CAPLと.NETプログラミングによるパケットの送受信
  • Ethernetノードおよびゲートウェイのシミュレーション
  • 異なるバスシステム間の通信解析とゲートウェイ機能の検証
  • リアルタイムシステムの開発および解析に有効な、Windowsまたは他のアプリケーションの通信を切り離し、ネットワークインターフェイスを占有する機能 (これにより、リアルタイムシステムの開発に不要なパケットを排除)


CANoe.IP configuration for simulating and analyzing signals in the Trace Window and active filter blocks for data reduction

このページはお役に立ちましたか?
E-Mail:

コメント