ベクターCar2xソリューション

Car2x開発 パートナーとしてのベクター

ベクターは、車両用通信システムの開発および測定ツールと、量産に使用可能なソフトウェアコンポーネントに関する長年の経験を活かし、これらの新しいテクノロジーの利用を支援します。

シミュレーション、モニタリングおよびテスト用として実績のある開発ツールCANoeは、WLAN IEEE 802.11pに基づく無線通信をサポートしています。ユーザーには以下のメリットがあります。

  • CAN、FlexRay、Ethernetなどと無線LAN (802.11p) を同時処理することにより、車両内の通信と外部の通信とをリンクできます
  • 無線LANフレームの表示、ログ、フィルタリングが可能です
  • WAVE Short Message ProtocolおよびWAVE Security Services (いずれもIEEE 1609)、GeoNetworking、Security Header (いずれもETSI) などの各種プロトコルとアプリケーションメッセージ (ASN.1で定義) を解釈できます
  • CAPLにより、以下のようなパケット送受信の設定やプログラム制御が可能です
    • 各プロトコルフィールドへのアクセス
    • アプリケーションメッセージのDER/BERおよびPERエンコーディングおよびデコーディング
    • タイムスタンプの生成およびチェック
    • 送信パケットの署名と、受信パケットの認証

これによってシミュレーションとテストのセットアップを作成できます。

  • 路側機や車両をそれぞれのパラメーターとともに地図上に表示できます。これにより、車両の状態、運転の状況、処理シーケンスの間の関係が可視化されます
  • CANoe.Car2xで実際のIEEE 802.11p無線通信を使用するには、ハードウェアインターフェイスが必要です。現在は以下のモジュールがサポートされています
    • Cohda Radio
    • Continental CCU
    • Delphi CRPU
    • デンソーWSU
    • NEC Linkbird


Screenshot CANoe.Car2x

このページはお役に立ちましたか?
E-Mail:

コメント