導入事例 - 測定/キャリブレーション

ベクター製品の導入事例をご紹介します。

▼導入事例タイトル一覧

アイシン精機株式会社 CANapeとVX1000を用いたモデルベース開発における開発効率化
採用された製品: CANapeVX1000
事例概要:
モデルベース開発を効率的に進めるにはツールチェーンの構築がポイントのひとつに挙げられます。モデルベース開発に積極的に取り組むアイシン精機株式会社(以下、アイシン精機)は、サスペンションシステムの ECU 開発および測定・キャリブレーションツール環境を、それまでの内製ツールから、ベクターの「CANape」と「VX1000」の組み合わせに刷新し、約30%の開発効率の向上を実現するとともにモデルベース開発でのツールチェーンを強化しました。

導入事例をよむ (PDF形式)

いすゞ自動車株式会社 CANapeとCSMモジュールを用いた先進安全技術開発の実車試験の効率化
採用された製品: CANapeCSM製品
事例概要:
小型トラックから大型トラック・バスまでを日本のみならず、世界中に展開するいすゞ自動車株式会社は、 CANapeとベクターが取り扱うCSM社の計測モジュールを導入して、先進安全技術開発の実車試験の効率化を実現しました。 アナログセンサー出力のロギングシステムに必要なスペースを1/5に小型化、セットアップに必要な時間を半日からおよそ1時間に短縮、および他のCANバスデータとのデータ統合や他部署とのデータ共有などのメリットを得ています。従来の試験環境に比べて3割の効率向上が期待されています。

導入事例をよむ (PDF形式)

コマツ ベクター測定ソリューションを活用して油圧ショベルの性能テストを効率化
採用された製品: CANapeCSM製品
事例概要:
建設機械の分野で常に業界をリードするコマツ (株式会社小松製作所) は、ベクターの「CANape」と7インチタブレットで構築したデータロガーシステムを油圧ショベルの性能テストに導入して問題箇所の特定や再現の効率化を図りました。さらに、CSM社の温度測定モジュール「THMM 16 pro」をヒートバランス (熱平衡) テストに採用し、熱電対配線の大幅な省配線化を実現しました。

導入事例をよむ (PDF形式)

日野自動車株式会社 日野自動車におけるCANapeを用いた車両制御システムの開発
採用された製品: CANape
事例概要:
小型から大型のバスおよびトラックの製造と販売を手掛ける日野自動車株式会社は、ミリ波レーダーを使って先行車との安全な距離を保ちながら追従走行を行う「スキャニングクルーズⅡ」機能の開発に「CANape」を採用しました。これにより、ECU内部値とCANバス値の同期測定を実現。また、カメラ映像を記録できる「CANapeオプションドライバーアシスタンス」も併用し、ADAS機能の開発効率を向上させました。

導入事例をよむ (PDF形式)

日信工業株式会社 CANapeとVX1000を活用したブレーキシステムの開発とテストの効率化
採用された製品: CANapeVX1000
事例概要:
四輪車および二輪車用のブレーキシステムの開発と製造を手掛ける日信工業株式会社 (以下、日信工業) は、四輪車用の横滑り防止装置 (ESC) の開発とテストにベクターの「CANape」と「VX1000」を導入しました。従来はCANバスやECUのRAM値を測定するために別々のツールを使い非効率だった開発環境をCANapeで統合。またVX1000によって実車テストの効率をおよそ3割向上しています。

導入事例をよむ (PDF形式)

株式会社本田技術研究所 HondaJet搭載の小型ターボファンエンジン GE Honda「HF120」の開発にCANapeを活用
採用された製品: CANapeCANgraph
事例概要:
世界を代表する二輪車、自動車メーカーであるホンダは、開発着手から30年近い時を経て、同社が念願としていた航空機市場への参入をついに果たしました。その開発において、GEと共同開発した小型ビジネスジェット向けターボファンエンジンGE Honda 「HF120」を担当した同社の研究開発部門である株式会社本田技術研究所 航空機エンジンR&Dセンターは、燃料制御ECUの測定およびキャリブレーション用ツールとしてベクターの「CANape」と「CANgraph」を導入し、開発の効率化と品質の向上を図りました。

導入事例をよむ (PDF形式)

トヨタ自動車株式会社 「つながる」クルマのアプリ開発イベントにCANapeが貢献
~シリコンバレーのクリエーターに机上で最適なアプリ開発環境を提供~
採用された製品: CANape
事例概要:
トヨタ自動車株式会社は、新しいクルマづくりや楽しみ方のヒントを得ることを目的に「つながる」クルマのアプリ開発イベント「Onramp Challenge」を2014年12月6日、7日の2日間、米国カリフォルニア州サンマテオにて開催しました。同イベントには、シリコンバレーの起業家、ベンチャー企業、IT企業のプログラマーで構成される20チーム以上が参加しました。参加チームは24時間の制限時間内で「安全運転」、「運転の楽しさ」、「エコ運転」というテーマのもと、サーキットでの走行データを使用してどのチームが優れたスマホアプリやウェブアプリの開発ができるかを競い合いました。

導入事例をよむ (PDF形式)

BMW ダイナミックドライビングシステムの機能開発におけるラピッドコントロールプロトタイピング用
採用された製品: CANapeVX1131VN8910
事例概要:
シャーシ制御システムやドライバーアシスタンスシステムの数、またそれらの機能間の連携が増大するなか、システムネットワークやネットワーク内の連携は複雑化の一途を辿っています。BMWグループでは、開発プロセスの早期に実システム上で、ECUを大きく変更することなく機能モデルを検証する必要があると考えました。

導入事例をよむ (PDF形式)

コマツ Tier4 Interimに対応したECUの開発とテストに「CANape」を活用
採用された製品: CANape
事例概要:
建設機械分野で世界をリードするコマツは、ECUの開発とテストにベクターの「CANape」を導入しました。日米欧で定められた厳しい排ガス規制(Tier4 Interim)に対応した建機の開発に「CANape」を全面的に活用し、計画どおりのスケジュールで製品化を実現。合わせて、品質の向上や社内テスト環境の統一化などを果たしています。

導入事例をよむ (PDF形式)

Daimler 大量の測定データを合理的かつ柔軟に解析
採用された製品: CANape
事例概要:
自動車メーカーのテストベンチや耐久性試験では、車両コンポーネントの振る舞いに関わる重要な情報が現実に即した条件下で収集されます。ただし、生成されるデータ量が膨大で、データ間の相互関係も複雑であることから、多くの場合はその後の関連するデータセットの特定と解析に非常に時間が掛かります。Daimler AG (ダイムラー) は、ベクターの測定/キャリブレーションツールであるCANapeの自動データ評価機能を利用し、オートマチックトランスミッションのテストにおける測定データ解析の高速化を図っています。

導入事例をよむ (PDF形式)

富士通テン株式会社 CANapeとVX1000を用いた車載ミリ波レーダー開発の効率化
採用された製品: CANapeVX1000
事例概要:
自動車の安全性における規制・基準の強化が世界的に進むなかで、さらに高度な安全運転支援システムの開発ニーズが急速に高まっています。なかでも、耐環境性に優れ、検知精度の高い車載ミリ波レーダーの開発は、今後の予防安全技術の要として注目されています。富士通テン株式会社 (以下、富士通テン) は、ベクターの「CANape」と「VX1000シリーズ」を導入し、車載ミリ波レーダーの評価・開発の効率化を実現しました。本稿では、その導入のプロセスをご紹介します。

導入事例をよむ (PDF形式)

東海大学 世界一のソーラーカーチームを支えるベクターソリューション
採用された製品: CANalyzerCANapeGL1000
事例概要:
クリーンで無尽蔵な太陽エネルギーは、深刻化するエネルギー資源問題の有力な解決策の1つです。太陽エネルギーを活用した太陽光発電は、すでに一般住宅や公共施設にソーラーパネルとして実用化されていますが、自動車分野においても太陽エネルギーを動力として走行するソーラーカーの研究が行われています。東海大学のソーラーカーチームは数々の国際大会で輝かしい戦績を残しており、2012年9月に行われた「サソール・ソーラーチャレンジ・サウス・アフリカ2012」でも見事に優勝し、国際大会5連覇を達成しました。本稿では、東海大学においてCANalyzer、CANape、GL1000といったベクター製品が導入された経緯やその活用方法について紹介します。

導入事例をよむ (PDF形式)

その他企業 VN8900を用いた電動航空機の研究開発
採用された製品: VN8900
事例概要:
自動車をはじめとする輸送機器のエレクトロニクス化にともない実装される制御ソフトウェアが大規模化しており、ソフ トウェア開発の効率化は大きな課題となっています。机上でシミュレーションした制御ソフトウェアを直ぐに検証するラ ピットプロトタイピングは、制御ソフトウェア開発を効率よく行う手法の1つとして用いられています。本稿では、世界初となる自動車用量産電動技術による電動航空機の研究開発にベクターの「VN8900」がラピットプロトタイピング用途で導入された内容をご紹介します。

導入事例をよむ (PDF形式)

日立オートモティブシステムズ株式会社 CANapeアドバンスドマルチメディアオプションを用いたフィールドテスト
採用された製品: CANapeオプションアドバンスドマルチメディア
事例概要:
日立オートモティブシステムズ株式会社は、内製ツールを用いてミリ波レーダー開発のフィールドテストを実施していましたが、CANapeアドバンスドマルチメディアオプションを導入することで、内製ツールを使用していた際に生じていた特有の問題を解決することができました。

導入事例をよむ (PDF形式)

アイシン・エィ・ダブリュ株式会社 CANapeを用いたラピッドコントロールプロトタイピングのバイパス手法による制御モデル開発
採用された製品: CANape
事例概要:
アイシン・エィ・ダブリュ株式会社は、RCPのバイパス手法を用いた制御モデル開発にCANapeを導入したことで、Simulinkデータオブジェクトを使用したシグナル値およびパラメーター値の設定がRCPと自動コード生成で共有可能となりました。さらに、CANapeの機能的なメリットにより1 つのツールのみで一連の開発サイクル(RCP、測定、キャリブレーション) に対応可能なRCPシステムを構築しました。

導入事例をよむ (PDF形式)

BMW ドライバー支援システムの最適化
採用された製品: CANapeオプションアドバンスドマルチメディア
事例概要:
BMW は開発現場で制御アルゴリズムの客観的評価を得るためにCANape を利用しています。それにより検出したオブジェクトと実環境との比較が容易かつ効率的になりました。

導入事例をよむ (PDF形式)

Bosch ECU測定技術の飛躍的進歩
採用された製品: CANapeVX1000
事例概要:
BoschはCANapeとVX1000を導入したことで、最大で5Mbpsの転送レートを達成し、ECU実行時間にほとんど影響することなく膨大なデータの高速測定を実現しました。

導入事例をよむ (PDF形式)

Audi AudiにおけるXCP on FlexRay
採用された製品: CANapeXCPソフトウェア(XCP on FlexRay)
事例概要:
AudiはCANapeとXCPソフトウェアモジュールを導入したことで、FlexRayの先進機能である動的バンド幅管理を実現しました。

導入事例をよむ (PDF形式)

ZF トランスミッションのキャリブレーションにおける効率と品質
採用された製品: eASEE.cdm
事例概要:
ZFでは、トランスミッション開発のキャリブレーション管理にeASEE.cdm導入しました。これによりデータの品質を高く保持し、決められたプロセスにも対応したデータ管理を行えるようになったため品質向上と効率化を実現しました。

導入事例をよむ (PDF形式)
このページはお役に立ちましたか?
E-Mail:

コメント