導入事例 - ECUテスト

ベクター製品の導入事例をご紹介します。

▼導入事例タイトル一覧

日立オートモティブシステムズ株式会社 エレクトリックパワートレイン開発におけるECUテストの効率化~VTシステムとvTESTstudioの導入で自動化を加速~
採用された製品: CANoeVTシステムvTESTstudio

事例概要:
環境性能や安全性能の向上に伴いクルマの制御システムは複雑かつ高度化しています。そのような中で、複数ECU の統合的な制御を必要とするシステムが増えており、そのテストでは各ECU の動作シーケンスの再現や精密な動作タイミングの検証が課題となっています。日立オートモティブシステムズ株式会社(以下、日立AMS)は、エレクトリックパワートレインのシステム開発にCANoe、VT システム、およびvTESTstudio を組み合わせたベクターのテストソリューションを導入して、こうした課題に対処しています。

導入事例をよむ (PDF形式)

Daimler 誰もが実行可能なネットワークテスト ~最小限の設定工数で最大限のテスト深度を実現~
採用された製品: CANoe

事例概要:
車載ECU(電子制御ユニット)の開発部門にいれば誰もが、ユニットのテストを少しでも短時間で行う方法はないものかと考えることでしょう。ダイムラーは 2012年以来、特殊なネットワークテストジェネレーターを使用してテストコンフィギュレーションを作成し、乗用車などのエンジンECUのネットワークテ ストを行っています。ベクターが外部ベンダーとして開発したこのツールは、CANoeと 呼ばれるシミュレーション/テストツールをベースにしたもので、ネットワークマネジメントテスト/ゲートウェイテストからメッセージカウンター/サイクル タイムのモニタリングまで、あらゆるテストケースにおいて活躍するツールとなっています。時間の掛かるアダプテーションやプログラミング、あるいはテスト スクリプト編集などを行う必要がなくなったのです。

導入事例をよむ (PDF形式)

株式会社本田技術研究所 「CSM MiniModuleシリーズ」を活用して燃料電池パワートレインのテストを効率化
採用された製品: CSM MiniModuleシリーズ

事例概要:
燃料電池自動車の研究開発に取り組む株式会社本田技術研究所は、燃料電池パワートレインのテストベンチにCSM MiniModuleシリーズを導入。
数百チャネルにものぼるセンサー出力をCSM MiniModuleシリーズに集約してCANバスに変換することで、測定セットアップ (センサー配線の接続および取り外し) に要する時間を、従来の1日からおよそ1時間に短縮しました。

導入事例をよむ (PDF形式)

株式会社ケーヒン CANoeオプションXCPの導入によりエンジンECUのテスト工数を削減
採用された製品: CANoe.XCP

事例概要:
株式会社ケーヒンは燃料噴射ECU用ソフトウェアのテストに「CANoeオプションXCP」を導入しました。CANバスおよびECUの内部値に単一のツールでアクセスできるためデータの照合などが容易であり、テスト工数を約70%削減できる見通しです。

導入事例をよむ (PDF形式)

カルソニックカンセイ株式会社 VTシステムとvTESTstudioを使用したECU自動テスト環境の構築
採用された製品: CANoeVTシステムvTESTstudio
事例概要:
カルソニックカンセイ株式会社は、テスト工数の増大に対処するために「VTシステム」や「vTESTstudio」をはじめとしたベクター製品を導入し、開発と評価の効率化を図っています。本稿では、同社におけるECU自動テスト環境構築の変遷を紹介します。

導入事例をよむ (PDF形式)

日立建機株式会社 日立建機におけるECU自動機能検証システムの構築
採用された製品: CANoeVTシステムvTESTstudio
事例概要:
建設機械業界のグローバルメーカーである日立建機株式会社は、建設機械業界の電子化にともない増大したECUの検証作業を効率化するために、ECU自動機能検証システムの構築を目指しました。最終的にベクターテストソリューションを導入したことでベース開発の検証作業において30%の工数削減を実現しました。本稿では、手作業から内製ツール、そしてベクターテストソリューションの導入という日立建機株式会社におけるECU自動機能検証システム構築の変遷を紹介します。

導入事例をよむ (PDF形式)

三菱電機株式会社 CANoeとVTシステム連携による自動テストソリューション
~ テスト工数を12か月から40時間に短縮 ~
採用された製品: CANoeVTシステム
事例概要:
夜間はもちろん、雨や霧など視界の悪い時に前方を照らしてくれるヘッドライトは、クルマが安全に走行するために欠かせないアイテムです。近年、クルマの技術革新はめざましく進展し、それに伴ってヘッドライトも進化しています。光源は白熱電球からハロゲン、HID、そしてLEDへと、より明るく長寿命で環境に優しい素材に、そして機能面では車両の制御システムと連携して高機能・多機能化するなど、ヘッドライトの技術開発は日々加速しています。こうした状況のなか、カーエレクトロニクス機器およびカーマルチメディア機器の開発を行っている三菱電機株式会社 三田製作所および三菱電機コントロールソフトウェア株式会社 三田事業所 (以下、三菱電機) は合同で、LEDヘッドライトECU開発における自動テスト環境を構築しました。本稿では、その導入背景と効果についてご紹介します。

導入事例をよむ (PDF形式)

ZF TRW 世界各地のテストベンチを圧倒的な速さでセットアップ
~ 記録破りのテストベンチ ~
採用された製品: VN8900
事例概要:
量産投入に先立って求められる無数のテストはECU開発費のかなりの部分を占めています。さらに、近年ではテストベンチの概念化やテストシーケンスのプログラミングに要する手間が急激に増大しています。その中で目を引くのが、自動車部品サプライヤーのZF TRWが新世代のテストベンチで実現している、驚くべきコストと時間の削減です。同社はコンポーネント型テストベンチの使用により、テストベンチのセットアップ期間を数か月から2、3週間に短縮するなどの成果を上げています。

導入事例をよむ (PDF形式)

ZSW バッテリーシステムにおける安全関連ライフサイクルの妥当性検査
採用された製品: CANoe
事例概要:
ZSW Laboratory for Battery Technology (所在地:ウルム/ドイツ、以下eLaB) は、バッテリーの開発およびテストを実施する独立施設で、セル、モジュール、バッテリー管理も含めたその完全なバッテリーシステムテストは、国際的に高く評価されています。所属する研究者はバッテリーとスーパーキャパシターにおいて25年を超えるキャリアを持っており、eLaBは世界中の企業や研究機関に利用されています。

導入事例をよむ (PDF形式)

AGCO/Fendt 自動化によるテスト品質の向上
~HILテストシステムの自動化が農業機械のISOBUSでの動作を保証~
採用された製品: CANoe.ISO11783
事例概要:
ISOBUS通信プロトコルにより、現在では異なるメーカーの農業機械も、事実上問題なく接続され使用できるようになりました。ただしその実現には、メーカーでの膨大な開発とテスト作業が伴います。農業機器メーカーのAGCO/Fendtは、ベクターのシミュレーション/テストツールのCANoe.ISO11783を使用して、既存のHIL (Hardware-in-the-Loop) テスト環境に高性能の自動テストを統合しました。系統的なテストによって今では製品の品質が向上し、同社は「精密農業」の時代においても、車両コンポーネントのインテリジェント化というトレンドに自信を持って対応できるようになりました。

導入事例をよむ (PDF形式)

ヤマハ発動機株式会社 無人車両が活躍する日を目指して
~「CANoe」を活用し自律型無人車両をモデルベースで試作~
採用された製品: CANoe
事例概要:
オートバイやボートで知られるヤマハ発動機株式会社は、将来の活躍が期待される無人車両の研究開発を以前から進めてきました。同社では新たに、地形や障害物を検知しながら走行する自律型無人車両「AUGV (Advanced Unmanned Ground Vehicle)」の試作に着手。CANoeとMATLAB/Simulinkとを組み合わせた車両シミュレータなどを構築して、仮想ECUおよび仮想CANバス環境で開発を進め、所期のとおり試作車両の開発に成功しました。

導入事例をよむ (PDF形式)

CHAdeMO協議会 CANoeとVTシステムを用いたCHAdeMO充電器検定器の開発
採用された製品: CANoeVTシステム
事例概要:
現在、急速充電方式の国際標準化が進められていますが、その1つに「CHAdeMOプロトコル」があります。 CHAdeMO協議会は、充電器検定器を汎用性のあるプラットフォームに置き換えるにあたり、ベクターのECUテストソリューションである「CANoe」と「VTシステム」を導入しました。本稿では、CHAdeMO協議会において CANoeとVTシステムが導入された経緯やその活用方法について紹介します。

導入事例をよむ (PDF形式)

株式会社デンソー ベクターECUテストソリューションを用いたソナーセンサーECUの自動評価システム
採用された製品: CANoeVTシステムCANoeオプションSCOPE
事例概要:
自動車の電子化は「走る・曲がる・止まる」といった基本機能の高度化に加えて、ドライバーをサポートする技術の高度化にも影響を与えています。その1つが駐車支援システムです。株式会社デンソーは、ECUテストを総合的に支援するベクターのECUテストソリューションのうち「CANoe」、「VTシステム」、「CANoeオプションSCOPE」を導入して、駐車支援システムに用いられるソナーセンサーECUの自動評価システムを構築しました。本稿では、その導入背景と成果について紹介します。

導入事例をよむ (PDF形式)

EvoBus 複雑なECUネットワークのためのテストベンチ ~ VTシステムを用いて、多様なバスの機能テストに求められる高い柔軟性を実現~
採用された製品: VTシステム
事例概要:
ECUのテストは、動作範囲や機能の範囲によっては非常に複雑化します。車種、装備、顧客独自の要件に応じた多様なECUが5個から9個集まり、それらの機能が密接に連携するようなネットワークが対象であれば、なおさらのことです。そのためEvoBusでは、ベクターのVTシステムに基づく新しいコンポーネント用テストベンチを投入しました。このテストベンチでは柔軟かつ自動的にテストを実行できるため、テストの範囲が拡大するとともに、すべてのテストケースを精密に再現できます。

導入事例をよむ (PDF形式)

株式会社デンソー CANoeテスト機能とTAEによるリグレッションテストの効率化~実開発の合間に挑む自動化システムの導入~
採用された製品: CANoe、テストオートメーションエディター (TAE)
事例概要:
株式会社デンソーは、車載ネットワークとECUの開発/テスト/シミュレーションを行うためのツールCANoeの「テスト機能」、そして、テストケース作成ツール「テストオートメーションエディター(TAE)」を利用して、ECUテストの自動化と工数削減に取り組みました。本稿では、その導入プロセスと成果についてご紹介します。

導入事例をよむ (PDF形式)

Bosch エアバッグECUテストの効率化
採用された製品: CANoe
事例概要:
Boschでは、CANoeベースの新しいテストシステムを導入したことで開発初期のテスト時間の大幅な短縮と、より深いレベルでのテストが可能となりました。また既存のHILテストベンチでのシステムテストの反復回数も減少しました。

導入事例をよむ (PDF形式)

Porsche Porsche: ポルシェにおけるゲートウェイECU検証の自動化
採用された製品: CANoe
事例概要:
PorscheはパナメーラのゲートウェイECUの検証にPETRA(Porsche Echtzeit1 TRace Analyser)を採用しています。PETRAはCANoeを基にしたツールで、ルーティングテーブルからゲートウェイテストを自動的に生成します

導入事例をよむ (PDF形式)

Daimler 実車両のデータを使用した回帰テスト
採用された製品: CANoe
事例概要:
Daimler は上下限値と影響解析の手法を採用してテストケースを削減することにより、電動パワーステアリング (EPS) 装置のソフトウェアテストにおいて、ハイレベルで詳細なテストを実現しました。 実装には、参照用として使用された実車における運転操作のシミュレーションが含まれます。 本稿では、理論的に可能な全テストケースを削減する方法と、開発・テストツールを使用してテストを実装する方法について説明します。

導入事例をよむ (PDF形式)

Valeo Wiper Systems ワイパーモーターのテストベンチにおける確実なエンジニアリングテスト
採用された製品: CANoe
事例概要:
Valeo Wiper Systemsは、CANoeをベースとしてワイパーモーターのバスメッセージと物理パラメーターの同期テストを行う環境を構築しました。

導入事例をよむ (PDF形式)

Daimler オフロード車「ウニモグ」における高度なタイヤ圧制御システムのためのハードウェアシミュレーション
採用された製品: CANoeVTシステム
事例概要:
ダイムラーAGでは開発担当者が新しいタイプのテストシステムを用い、オフロード車「ウニモグ」用の次世代タイヤ圧制御システムのためのリアリスティックなテストを実施しました。このテストシステムでは、ECU環境の全センサーとアクチュエーターのシミュレーションと環境内でハードウェアや配線の障害が発生した場合も含めた包括的なHILテストを実施できます。

導入事例をよむ (PDF形式)

Volkswagen Group Volkswagen GroupにおけるECU開発のための包括的通信テスト
採用された製品: CANoeテストパッケージVAG
事例概要:
Volkswagen Groupのサプライヤーは、仕様書VW80118に従った高速CANテストを自動生成するVAG固有のテストソフトウェアを使用することにより、ECUの開発時間とコストの両方を最小化できるようになりました。

導入事例をよむ (PDF形式)

オムロンオートモーティブエレクトロニクス株式会社 CANoeテスト機能によるテスト工数“ゼロ”への挑戦
採用された製品: CANoeCANstress
事例概要:
オムロンオートモーティブエレクトロニクスは、CANoeテスト機能によって、ECUテストの実行、合否判定、レポート作成を自動化し、ECUテストの工数削減に成功しました。また、CAN妨害専用ツールであるCANstressと連携することにより、通信の整合性と妨害試験を統合してCAN通信テストを精密なタイミングで行うことも可能になりました。

導入事例をよむ (PDF形式)

カルソニックカンセイ株式会社 VTシステムを用いたシステムテスト環境の構築
採用された製品: CANoeVTシステム、テストオートメーションエディター、CANstressDRCANdela製品ファミリー
事例概要:
カルソニックカンセイ株式会社は、メーター制御システムにおいて、CANoeをはじめとするベクターのECUテストソリューションを導入し、システムテスト環境を構築することに成功しました。

導入事例をよむ (PDF形式)

三菱重工業株式会社 VT システムを用いたHVAC ユニットECU の評価環境
採用された製品: CANoeVTシステム
事例概要:
三菱重工業株式会社 はVTシステムを導入してHVACユニットECUの評価環境を構築しました。これにより操作性、テスト精度、安定性などを向上することに成功しました。

導入事例をよむ (PDF形式)

日本精機株式会社 CANoeテスト機能を利用したECUテスト
採用された製品: CANoe
事例概要:
日本精機は、CANoeテスト機能を利用しECUテストの実行、判定、レポート作成を自動化することで、これまでと比較してECUテストの工数を3分の2に削減することに成功しました。特に11時間掛かっていたテストの実行時間を約4分に短縮できるようになったため、テストを再実行すればするほど、実行効率を向上させることができます。

導入事例をよむ (PDF形式)

このページはお役に立ちましたか?
E-Mail:

コメント