ベクターは、ウェブサイトの最適なユーザビリティを保証するためにCookieを使用しています。本ウェブサイトを利用する場合、お客様には弊社がCookieを利用することについて同意していただきます。 詳細は、弊社のプライバシーポリシーにも記載されています。. Cookieを受け入れる
このウェブサイトのブラウザでクッキーを許可してください。

vCDMstudioでパラメーターセットの、簡単でトレース可能な管理を実現

vCDMstudioの概要

vCDMstudioは、パラメーターセットファイルの編集を効率よく行うためのツールです。ECUキャリブレーションで作成されたパラメーターの表示、比較、編集を簡単に行うことができます。複雑なタスクを解決する際には、フィルターを使用して画面に表示されるパラメーターの数を制限できます。パラメーター値のキャリブレーションに加えて、他のファイルから値を取得して、新しいバージョンレベルを作成するために取得した値をマージできます。

優位性

  • パラメーターセットファイルを簡単にコピーおよびマージ可能
  • 業界で標準的なすべてのデータ形式をサポート
  • 複数のパラメーターセットファイルの同時比較機能により、パラメーター化の各種バリアントの概要を表示
  • パラメーターセットファイルをMスクリプトまたはコードファイルとして保存すると、パラメーター値を開発プロセスの他の重要なツールに簡単にエクスポート可能

バージョン16.0の特長

  • ASAM MCD-2 MC規格のバージョン1.7.0に規定されている新機能をサポート
    • 新しいBLOBオブジェクト型パラメーターのコピーおよび比較が可能
    • トランスフォーマーのコンセプトを使用し、複雑な内部データ構造を物理値に変換
  • ASAM CDFバージョン2.1.0の形式でBLOBパラメーターの値を読込みおよび保存可能
  • パラメータータイプCUBOID、CUBE_4、CUBE_5の表示および編集

機能

  • パラメーターセットの読込み、視覚化、編集
  • 各種の編集手順を簡単に設定して実行
  • ユーザーフレンドリーなインターフェイス
このページはお役に立ちましたか?
E-Mail:

コメント