CDM Studioでパラメーターセットの、簡単でトレース可能な管理を実現

CDM Studioの概要

CDM Studioは、パラメーターセットファイルの編集を効率よく行うためのツールです。ECUキャリブレーションで作成されたパラメーターの表示、比較、編集を簡単に行うことができます。複雑なタスクを解決する際には、フィルターを使用して画面に表示されるパラメーターの数を制限できます。パラメーター値のキャリブレーションに加えて、他のファイルから値を取得して、新しいバージョンレベルを作成するために取得した値をマージできます。

優位性

  • パラメーターセットファイルを簡単にコピーおよびマージ可能
  • 業界で標準的なすべてのデータ形式をサポート
  • 複数のパラメーターセットファイルの同時比較機能により、パラメーター化の各種バリアントの概要を表示
  • パラメーターセットファイルをMスクリプトまたはコードファイルとして保存すると、パラメーター値を開発プロセスの他の重要なツールに簡単にエクスポート可能

バージョン14.0の特長

  • 強力な印刷機能とレポート機能でパラメーターセット管理の資料作成が容易に
  • CDM StudioへのINCAの統合を最適化
  • マップ値のパーセント偏差の計算や、設定可能な許容誤差に基づく判定を行うためにセマンテックな比較メソッドを使用
  • 属性ベースのフィルターに補助機能を備えており、特定パラメーターコンテンツのサーチ能力が改善

機能

  • パラメーターセットの読込み、視覚化、編集
  • 各種の編集手順を簡単に設定して実行
  • ユーザーフレンドリーなインターフェイス
このページはお役に立ちましたか?
E-Mail:

コメント