ベクターは、ウェブサイトの最適なユーザビリティを保証するためにCookieを使用しています。本ウェブサイトを利用する場合、お客様には弊社がCookieを利用することについて同意していただきます。 詳細は、弊社のプライバシーポリシーにも記載されています。. Cookieを受け入れる
このウェブサイトのブラウザでクッキーを許可してください。

データの記述

記述ファイルの表示と編集を容易に行う方法

ECUアプリケーションでは、以下の3つの記述ファイルが重要な役割を果たします。

  • ECUの内部変数(詳細
  • 多様な通信ネットワーク(詳細
  • 診断サービス/データおよびフラッシュプロセス(詳細

User-friendly display and edit description files


CANapeには、あらかじめすべての記述ファイルに対応する各種ビューアーとエディターが用意されているため、容易に表示と編集ができます。 また、A2L、ARXML、DBC、FIBEX、LDF、CDD、ODXファイルなどを容易に作成できる、専用のオーサリングツールも用意されています。

ファイル形式 CANapeのサポート 関連製品
A2L ASAP2 Editorによる編集 ASAP2 Tool-SetvCDMstudiovCDM
ARXML AUTOSAR Explorerによる視覚化 DaVinci Developer
DBC CANdb++ Editorによる編集 PREEvision
LDF LIN Explorerによる視覚化 PREEvision
FIBEX FIBEX Explorerによる視覚化 PREEvision
CDD CDD Viewによる視覚化 CANdelaStudio
ODX-C、ODX-D ODXStudio Viewによる視覚化 CANdelaStudio
ODX-F ODXStudio Viewによる視覚化 ODXStudio
このページはお役に立ちましたか?
E-Mail:

コメント