ECUソフトウェアは、必要な機能を含むアプリケーションと基本機能を処理するインフラソフトの2つに大きく分けられます。

ECUソフトウェア

ECUソフトウェアは、必要な機能を含むアプリケーションと基本機能を処理するインフラソフトの2つに大きく分けられます。インフラソフトには通常、オペレーティングシステムと、通信ならびに基本的なI/Oサービスとメモリーサービスのためのソフトウェアコンポーネントが含まれます。

ベクターでは、インフラソフトに対応する標準化ソフトウェアコンポーネントを提供しています。これらのベクターソフトウェアコンポーネントは移植性に優れ、また複数サプライヤーの1つのネットワークへの統合を確実にします。

OSEK/VDXまたはAUTOSAR対応のオペレーティングシステム オペレーティングシステム
AUTOSAR対応CAN、LIN、FlexRay、MOST、Ethernet用標準ソフトウェア、または自動車メーカー仕様、J1939、MOST、CANopen対応標準ソフトウェア コミュニケーションソフトウェア
ゲートウェイ
車両診断用と、プログラムおよび車両関連データのフラッシュ用のソフトウェア 診断
フラッシング
Watchdog制御やECU State ManagementなどのECU用のAUTOSARの基本機能 Data sheet MICROSAR SYS システムソフトウェア
MICROSAR SYS
フラッシュやEEPROMメモリーなどのメモリーメディアへのデータに対する読み書き メモリーサービス
A/Dコンバーター、PWM、デジタルI/O、ICU、SPI制御用のAUTOSAR MCAL Data sheet MICROSAR CALマイクロコントローラー
周辺機器の操作
MICROSAR MCAL
ECUの測定とキャリブレーション 測定およびキャリブレーション
ECUのバリアント管理 Datenblatt Identity Manager AUTOSARAUTOSAR用
Identity Manager
Datenblatt Identity Manager CANbeddedCANbedde用
Identity Manager
プロジェクトワークおよびサポート、トレーニング、ワークショップ、コンサルティングサービスなど プロジェクトおよびサービス
このページはお役に立ちましたか?
E-Mail:

コメント