Convenient evaluation of measurement data

測定データを簡単に解析

測定データの解析では、ライブラリーに登録されている既存の関数や、ユーザーが独自に作成した関数に基づく評価アルゴリズムを、測定データに適用できます。関数の結果は仮想シグナルとして実際のシグナルと同様に表示Windowに表示したり、それをまた別の関数の入力値として使用したりすることができます。

CANapevSignalyzerを使用することで、ユーザーの業務に関連する測定データにフォーカスすることができます。ユーザーは解析プロセスをシーケンス制御するためのパネル型のユーザーインターフェイスを作成し、それらのパネルを使用して測定結果を視覚化できます。さらに、豊富な解析関数とデータ解析の計算もマウスを数回クリックするだけで呼び出すことができ、それらを完全な自動化タスクとして実行できます。高度な自動化が行われていることで、膨大な数の大容量の測定ファイルも解析が可能です。

Graphic "Only for extensive analysis programming skills are necessary"


結果を文書化するための強力なレポート機能と印刷機能を備えています。

測定データの解析と評価をサポート

CANapeとvSignalyzerをお使いいただくことで、あらゆるタイプの測定データを多彩な方法で、効率よく解析することができます。

このページはお役に立ちましたか?
E-Mail:

コメント