PREEvision – モデルベース電気/電子 (E/E) システム開発環境

PREEvisionの概要

PREEvisionは、アーキテクチャー設計から量産までをカバーするモデルベースE/E開発ツールです。

開発プロセス全体を通して、アーキテクト、ネットワーク設計者、開発エンジニア、テストエンジニアを支援します。開発プロセスの各ステージでは、アーキテクチャー設計、要求管理、ネットワーク通信設計、安全関連システム設計、ワイヤーハーネス設計などの主要なユースケースを筆頭に、数々のユースケースに対する包括的なプロジェクトサポートが、多彩な機能を通じて提供されます。すべての開発ステップが1つのツール環境内で実行されるため、ツールのギャップや統合のトラブルが生じる恐れを回避できます。

優位性

  • 1つのツールで完全なE/Eシステムを設計、管理、文書化
  • トレーサビリティー管理の統合
  • 個別のユースケースに合わせた、ダイアグラムによるグラフィカルなモデリング
  • AUTOSARメソドロジーのフルサポート
  • ISO 26262に準拠した安全関連システムの設計
  • バリアントおよびプロダクトライン管理
  • 1つのソースからアーキテクチャーとワイヤーハーネスを開発

モデリングレイヤー

Ebenenmodellグラフィカルなダイアグラムにより、E/Eシステムのさまざまなアーキテクチャー階層をモデル化できます。

バージョン8.5の主な特長

  • ReqIFファイルのインポート/エクスポート
  • Ethernetに対するサポートの拡張
  • KBLバージョン2.4をサポート
  • ワイヤーハーネスの改良
このページはお役に立ちましたか?
E-Mail:

コメント