ADAS開発支援ツール「vADASdeveloper」でADASアプリケーション開発の負荷を低減

vADASdeveloperの概要

vADASdeveloperは、先進運転支援システム (ADAS) と自動運転システムのアルゴリズムを開発するためのソフトウェア開発プラットフォームを提供します。このツールにより、センサーフュージョン開発の負荷を低減し、ADASアルゴリズムを効率的に開発・検証できます。

実行環境では、センサーデータを取得してログに記録し、そのデータを再生してスティミュレーションに利用できます。その際、センサーデータとアルゴリズム による解析結果は、俯瞰視点での結果表示画面およびビデオ画像上に明瞭に表示されます。

応用分野

  • データ記録から、アルゴリズム開発、スティミュレーション、処理結果のデータの可視化まで、あらゆる局面に対応するソリューションを提供
  • アルゴリズム開発にフォーカスしたソフトウェア開発プラットフォームを提供
  • Visual Studioとの統合によるアルゴリズムのリアルタイムデバッグをサポート
  • マルチセンサーアプリケーションのラピッドプロトタイピング開発を支援

バージョン2.5の特長

  • グラフィカルな設定により、センサーデータをすばやく簡単に可視化
  • 最適なパフォーマンスを発揮する、新しい3Dシーン、点群、マップWindow
  • ibeo.HADおよびVelodyne LIDARの両センサーを直接サポート(VLP-16/HDL-32E)
  • データレートが高い場合も、優れたパフォーマンスで記録と再生が可能

機能

  • カメラ、レーダー、CANなどの標準的なセンサーデータに簡単にアクセスし、グラフィカルにデータ統合できます。
  • センサーデータを簡単に記録でき、記録されたタイムスタンプに沿って高精度に再生できます
  • カメラ映像に結果(認識物体、テキスト、走行車線情報)がオーバーレイされた俯瞰視点画像や図などを用いて、明瞭かつカスタマイズ可能な結果表示画面を使用できます
このページはお役に立ちましたか?
E-Mail:

コメント