vCDM: プロフェッショナルなキャリブレーションデータ管理

vCDMの概要

vCDM (Vector Calibration Data Management) は、キャリブレーションチームをサポートするプラットフォームであり、データベースによる成果物の一元管理が可能です。キャリブレーション結果は効率的にマージが可能で、マージ時に起こり得るデータの競合を回避、検出して解消します。すべての変更はトラッキングされます

メタデータ、依存性の管理、コンポーネント、パラメーター値の自動算出、ワークパッケージの再利用によって、数多くのバリアントを制御できます。データセットは一貫性があり、データの質が高く、データ解析やレポート機能でお客様の開発プロセスの品質と効率が改善します。

キャリブレーションデータはグラフカルに表示され、実績あるベクターのパラメーターエディター「CDM Studio」によって手動編集が可能で、キャリブレーション担当者を強力にサポートする環境を実現します。

優位性

  • コンフリクトの回避、検出、解決により、チームの作業効率が向上
  • 一貫性のあるデータバージョンによる高いデータクオリティー
  • シームレスな変更履歴
  • vCDMに装備されているCDM Studioで、キャリブレーションデータのグラフィック表示や編集が可能
  • データ解析およびレポートなどを想定し、ECU形式だけでは管理できないデータも管理可能

バージョン6.2の特長

  • CARB(カリフォルニア州大気資源局)サマリーシート作成のためのレポート
  • 電子メールによるパラメーターセットファイルの簡単なインポート
  • コンポーネントライブラリー管理の最適化
  • CDM StudioでのvCDM情報の表示
  • データセット作成を簡易にするため、画面デザインを再設計
このページはお役に立ちましたか?
E-Mail:

コメント