vMeasure CSM - 複雑な測定タスクを確実に解決

vMeasure exp - 複雑な測定タスクを確実に解決

vMeasure expとは

vMeasure expはラボで、試験装置で、そしてテスト走行や耐久試験中にエンジニアを効率よくサポートする、柔軟性の高い測定ソフトウェアソリューションです。vMeasure expを使用することにより、物理値、ECU内部シグナル、車両バス経由で送信されたシグナルを簡単に記録できます。記録したデータから有意義な解釈を得るには、走行ルートの位置情報(GPS)やビデオデータも併せて必要になります。OBDシグナルを測定してECUの状態を確認する作業も、測定エンジニアの標準的な作業の1つです。

vMeasure expではこれらすべてのデータを同時に、しかも効率的に記録できます。測定コンフィギュレーションを作成し、測定Windowを設定して、実際の測定タスクを開始する作業がわずか数クリックで完了します。CSM社のCSMconfigなどのサードパーティー製ハードウェアに対応する設定ツールが統合されているため、測定の設定も簡単です。

主な特長

  • 物理値、ECU内部データ、ビデオ、GPS、バスデータの時間同期取得
  • ユーザー定義可能なパネルによる、最適かつユーザーフレンドリーなシグナル表現
  • システム全体を網羅的に解析可能
  • 測定ハードウェアを統合できる、オープンなプラットフォーム
  • マルチレコーダーコンセプトによって記録チャンネルを柔軟に、しかも個別に保存
  • OBD-IIサービスを用いた測定による診断をサポート

対応するインターフェイス

  • CAN、CAN FD、FlexRay、LIN用のベクターのすべてのネットワークインターフェイス
  • PCのEthernetインターフェイス

測定ハードウェア

  • アナログおよびデジタルI/O
  • CSMのCANおよびEtherCATベースのハードウェア
  • CAETEC、ETAS、IMC、IPETRONIK、NIの計測ハードウェア
このページはお役に立ちましたか?
E-Mail:

コメント