CAN、LIN、K-Line、J1708、I/Oに対応し、コストパフォーマンスに優れたUSB接続ネットワークインターフェイス

VN1600 - CAN、CAN FD、LIN、K-Line、J1708、I/Oに対応し、
コストパフォーマンスに優れたUSB接続インターフェイス

VN1600について

VN1600インターフェイスファミリーを用いてCAN (FD) やLINネットワークへ柔軟なアクセスが可能です。

小型化・軽量化に重点を置いたVN1610/VN1611は2チャンネルを搭載。一方、 VN1630A/VN1630 log/VN1640Aは最大4チャンネル搭載可能であり、柔軟性とI/Oサポートに力を入れた設計になっています。

主な特長

  • CAN、LIN、K-Line、J1708、I/Oに対応する柔軟なネットワークインターフェイス
  • CAN FD最大8Mbit/sに対応
  • バストランシーバーには定評あるCAN/LIN/J1708-Piggyを採用
  • USB給電式、4チャンネルアプリケーションにも対応
  • マルチアプリケーションサポート機能で、CANoe、CANalyzer、CANape、IndigoやvFlashのほか、お客様固有のアプリケーションにも最適な性能
  • 高度なLINストレス機能によるLINコンフォーマンステストを実現可能

応用分野

VN1630およびVN1640

VN1600シリーズは、CANoe、CANalyzer、CANape、Indigo、vFlashといったベクターのツールだけでなく、お客様固有のアプリケーションにも最適なネットワークインターフェイスです。実験室やテストベンチ、サービス工場、車両内など、さまざまな場所で活躍します。簡単なバス解析から、複雑な残りのバスシミュレーション、解析、キャリブレーション、フラッシュプログ
ラミングといった作業に至るまで、幅広い用途に対応可能です。マルチアプリケーションサポート機能により、同時に複数のプログラムから1つのデバイス、1つのチャンネルへアクセスできます。VN1630 logはCAN (FD) やLIN上の車両通信を記録するためのロギング機能を搭載しています。

このページはお役に立ちましたか?
E-Mail:

コメント