ベクターは、ウェブサイトの最適なユーザビリティを保証するためにCookieを使用しています。本ウェブサイトを利用する場合、お客様には弊社がCookieを利用することについて同意していただきます。 詳細は、弊社のプライバシーポリシーにも記載されています。. Cookieを受け入れる
このウェブサイトのブラウザでクッキーを許可してください。

vSignalyzer - 測定データの表示、評価、文書化のためのプロフェッショナルツール

測定データの表示、評価、文書化のためのプロフェッショナルツール

vSignalyzerの概要

vSignalyzerは、あらゆるタイプの測定データを効率的に評価および解析できる便利なツールです。データの視覚化から手動または自動での解析およびレポート機能に至る、さまざまな機能を備えています。

ネットワーク開発、解析、ECUキャリブレーション、物理値の取得の間に記録された測定データを各種ファイル形式から読み込むことができます。

Screenshot vSignalyzer

優位性

  • 取得した測定データの表示を使いやすく設定することが可能
  • 大規模な測定ファイルでも効率的に操作可能
  • データ解析関数を使用して、特定の条件に従いあらゆる規模のデータを自動解析
  • 豊富な数学関数ライブラリーを利用してデータ解析を実行
  • 解析結果について良質なレポートの作成と文書化

バージョン16.0の特長

  • vSignalyzerとvMDM (Vector Measurement Data Management) の間の直接リンクにより、一元管理されている測定データに容易にアクセス
  • ローカルワークステーション上のMDFファイルにインデックスを付けることにより、測定データを高速かつ簡単に検索
  • 熱力学状態図を表示し、オフライン解析に利用可能
  • 一緒に記録された複数の測定ファイルを連続した測定として表示
  • プロジェクト管理機能の向上

測定データのインポート/エクスポート

測定データのネイティブフォーマットはASAM規格のMDF/MF4。数多くのコンバーターで、一般的な各種ファイル形式の測定データをインポート/エクスポートできます。

このページはお役に立ちましたか?
E-Mail:

コメント