vVIRTUALtarget key visual

仮想AUTOSAR ECUのテスト

機能概要

  • vVIRTUALtargetは一般的なすべてのWindows PC上で稼働します
  • ソフトウェアはリアルタイムで、または独立して実行できます
  • ターゲットハードウェアが存在していなくても、アプリケーションソフトウェアからAUTOSARベーシックソフトウェア、そしてハードウェアドライバーに至るECUソフトウェア全体のテストを設定および実行できます
  • 物理ハードウェアの設定を修正およびシミュレーションすることができます
  • 他のテストツールと簡単に接続できます

vVIRTUALtargetとは

vVIRTUALtargetは、一般的なあらゆるAUTOSAR 4向けプロジェクトの仮想ECUを生成するソフトウェアです。ECU開発プロセス全体を通して、機能/ソフトウェアの開発者、ソフトウェアインテグレーター、テストエンジニアを支援します。
vVIRTUALtargetを使用すれば、機能ソフトウェアをそのままの形でモデルや仮想化されたAUTOSARベーシックソフトウェアと組み合わせ、開発とテストを行うことができます。これによってソフトウェアに関する幅広い知見が得られるだけでなく、シミュレーション環境全体をさまざまな方法で制御し、詳しく解析することが可能になります。また、広範な自動化機能が装備されているため、並行テストを高速に実行しながらインテグレーションを繰り返し実施できることもユーザーにとって有利です。

適用分野

  • 初期フェーズからのAUTOSAR 4に基づく機能ソフトウェアのテスト
  • 機能ソフトウェアの設計および実装中のテスト
  • 仮想環境でのソフトウェア統合のテストと検証
  • 実際のECUで再利用できる仮想ECUのテスト検証

バージョン2.0の主な特長

  • 機能ソフトウェアをベーシックソフトウェアから独立して実行
  • ECU設定の自動作成
  • CANoeとのシームレスなクライアント/サーバー通信

このページはお役に立ちましたか?
E-Mail:

コメント