ベクターのXCPソリューション

XCP規格は、ベクターからの重要な情報提供により開発されました。また、ベクターの幅広いノウハウと経験も包括的なXCPサポートに注がれています。

ツール
CANapeは主に電子制御ユニット(ECU)の最適なパラメーター化 (キャリブレーション) に使用されています。システムの動作中にパラメーター値をキャリブレーションしながら同時に計測したシグナルを取得します。CANapeとECUはXCP (すべての標準トランスポートプロトコル向け) またはCCP経由で物理的に接続されます。 CANape
必要なA2L記述ファイルの生成と管理のための完全ツールチェーンです (ASAP2ツールセットおよびASAP2エディター付きCANape。スタンドアロンツールとしてもご利用いただけます)。 ASAP2 Tool-SetおよびCANape
CANoe.XCPを利用すると、テストおよび解析のためにECU内部値にアクセスすることができます。 CANoe.XCP
CAN、FlexRay、Ethernetのそれぞれに個別のトランスポートレイヤーを備えた組込みソフトウェア通信モジュール
XCP Basic: XCPの基本機能のみを搭載し、無料でダウンロードできます。 XCPプロトコルの設定とトランスポートレイヤーの変更は、ソースコードにおいて手動で行います。XCP Basicのお客様のプロジェクトへの統合はご自身で実行していただく必要があります。 XCP Basicのダウンロード
XCP Professional: ASAM仕様に対する有益な拡張を含み、ツールベースの設定を可能にします。ベクターのCANbedded基本ソフトウェアで利用可能です。 XCP Professional (英語資料)
MICROSAR XCP: XCP Professionalの機能を搭載し、AUTOSAR仕様に基づいています。ベクターのMICROSAR基本ソフトウェアで利用可能です。 MICROSAR XCP
サービス
プロジェクトでのXCPの利用に関するご相談 エンジニアリングサービス
ご使用のECUへのXCPの統合 XCPモジュールの統合

ビギナー向け資料「はじめてのXCP」のご紹介

「はじめてのXCP」は、XCPとは何か?を理解したい方々に向けに、測定とキャリブレーションのための汎用プロトコル「XCP (Universal Calibration Protocol)」のメリットやプロトコルの説明しています。さらに、その動向や具体的な事例としてモデルベース開発およびHV (Hybrid Vehicle) / EV (Electric Vehicle) の開発におけるXCPの利用例について紹介していきます。

「はじめてのXCP」ダウンロードページはこちらから

このページはお役に立ちましたか?
E-Mail:

コメント