XLドライバーライブラリー

ベクターハードウェアインターフェイス用ドライバーライブラリー

XLドライバーライブラリーはベクターのバスインターフェイスにアクセス可能な、ユーザー固有のアプリケーションを作成するための汎用的なプログラミングインターフェイスです。

以下のバスシステムに対応しています。

  • CAN / CAN FD
  • LIN
  • FlexRay
  • 車載Ethernet
  • MOST
  • デジタルおよびアナログI/O用インターフェイス
    (VN16xx、VN89xxインターフェイス)

最新バージョンのライブラリーはダウンロードセンターにて入手いただけます。ライブラリーにはvxlapi.dllおよび.NET 3.5用の.NET wrapperまたはそれ以降のアプリケーションが含まれます。

ベクターインターフェイスへのアクセス

Vector XL-Driver-Library

主な特長

XLドライバーライブラリーにより、ベクターが提供するCAN/LIN/MOSTインターフェイスを簡単に利用するために必要な一般の関数・バス固有の関数等をご利用いただけます。
チャンネルとポートは、一般的な関数で処理することができます。バス固有の関数を使用することにより、ネットワークノードの設定を行ったり、メッセージの送受信を行うことができます。XLドライバーライブラリーを使用したり、ベクターのハードウェア設定プログラムを使用することにより、論理アプリケーションチャンネルを物理デバイスチャンネルへ容易に割り当てることができます。
さらに、すべてのCAN/LIN/MOST用およびデジタル/アナログI/O用のベクターインターフェイスは、ゲートウェイ機能などとして、このライブラリーを使用することにより、同時に動作させることができます。各バスシステム (マルチチャンネル) に対して複数のチャンネルを同時にサポートするため、アプリケーションに必要なインターフェイス機能を実装することができます。

Detailed information is available in the data sheet ファクトシートからより詳細な製品情報をご参照いただけます


このページはお役に立ちましたか?
E-Mail:

コメント